2005年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

カトリーナ。

アメリカで観測史上最大級と言われるハリケーン「カトリーナ」の被害が拡大して大変なことになっているようです。被害を拡大しているのは以下のような要因があるようです。
一番被害の大きいニューオーリンズ市ではすでに大きなハリケーンがきたときにはこれくらいの災害が出るであろうと予測を立てていたと言うことです。が、しかしそれに対する対策にかかる予算が捻出できずに今に至っていたと言うことです。
また、多くの住民が貧困層の人たちで避難勧告を行っても逃げるための車も持たず、逃げるための費用もなかったと言うことです。
そして何より、上のようなことも原因の一つでしょうが、災害発生時より武力集団による略奪や暴行が頻発していることが被害の拡大を推し進めています。
ヘリコプターで救出に行っても武力集団に押し返されてしまったり、それを取り締まるべき警察が我先に逃げ出してしまっていたり、無法地帯と化しているらしいです。
このような現象の一番の原因に貧富の差の拡大があげられています。それも確かに大きな原因でしょう。ただ、このような極限状況に合ってこそその国の国民性が顕著に表れると言ってしまっては言い過ぎでしょうか?
阪神大震災の時にも略奪などはあったようです。それはしかしほんの一部でしかなかったのではないでしょうか。もちろん日本では自由に銃を持ったりすることもできませんから比べられないかもしれませんが、自分よりももっとひどい人を!という精神が根付いていたように思います。
アメリカの個人主義にも良い面もありますが、こう言ったときにはその悪い面が顕在化してしまってるのではないでしょうか・・・。

最近のこと。

このところめっきり人生自体のモチベーションが下がりっぱなしの私です。このブログも一月以上の完全放置状態。いやはやブログ自体の存在価値が危機状態ですね^^;
なんとかぼちぼち更新していきたいなと思ってはいるんですが・・・。
で、ここ最近の関心事をダラダラ書いてみます。

○総選挙
面白いですね。今回の解散総選挙は色々話題を集めています。まずもって今回衆院を解散したこと自体どうなのかと色々言われていますが、ある面非常にわかりやすい解散じゃなかったのかなと思います。今までの解散はなんのための解散かがとてもわかりにくいものも多かったと思います。自民党の都合で解散日程が決まったりとが多かったと思います。
で、この解散についての色々な議員のコメントの中で引っかかったのが大仁田厚のコメント。
このたびの解散騒ぎで政治のどろどろした部分を見せてしまった。それが残念です。と言うようなことを言ってました。
政治は元来国民が納めた税金をいかに国民のために使うかを決めるものですが、権力であることも間違いなくそこには権力闘争があってどろどろした物になるのもある面仕方ないものです。
そうであればそのどろどろした部分もしっかり国民に見てもらって審判を下してもらう必要があると思うんですが、大仁田厚はそこはかくしてコソコソ密室政治をすればいいと思ってるんですかね?
そう言う意味でも今回の選挙は面白いと思います。
○ホリエモンVS亀井静香
広島六区、これも面白いですね。もし亀井静香が負けるようなことになると旧来型の政治家の先生方もこりゃ今後まずいことになりかねん、と危機感を持てばしめたもんですけど。
○駒大苫小牧
野球部の部長が暴力をふるったのを学校が隠蔽して、また余計な弁解をしたのが話をややこしくしているようですがどうなんでしょう・・・。暴力を肯定する訳じゃないですが、どれくらいの暴力なんでしょう?
私が行ってた高校は結構な進学校だったんですが、とある数学の先生は怒るとえらいことになることで有名でした。特に巨人が負けると機嫌が悪くて・・・w
この先生ある時起こって生徒を放棄でぼこぼこに殴って骨折させました。するとその生徒の親は、これからももっとビシビシやってくださいと言ったそうです。
まあこれは極端な例で今ではあり得ない話でしょうけど、生徒と教師の間の信頼関係、教師と保護者との間の信頼関係。それがかなりいびつになってきてるんでしょうか。
○民主党の沖縄ビジョン
とあるブログで見て興味を持ってググってみたブログサイトより引用です。サイトはこちら

U、私たちの目指す姿勢
民主党は「自立・独立」「一国二制度」「東アジア」「歴史」「自然」の5つのキーワードが、沖縄の真の自立と発展を実現する為の道しるべになると考えている。つまり、沖縄において「自立・独立」型経済を作り上げるためには、「一国二制度」を取り入れ、「東アジア」の拠点の一つとなるように、沖縄の優位性や独自性のある「歴史」や「自然」を活用することである。そして、これらのキーワードを活用する沖縄を通じて、日本は目指すべき次なる姿を描けると考える。

9)国際機関の誘致
例えば東アジアの主たる活動地域とする国際機関を沖縄に誘致して、沖縄を東アジア地域に貢献する拠点とすべきである。
10)自然や歴史等、沖縄の独自性を生かした交流促進に資する複合型観光・リゾート産業
アジアからの外国人を含む国際型観光地及び長期滞在中心の観光地への転換を図り、各種コンペンションなどを通して観光客のみならずビジネスマンや学生等も含め幅広い年齢層が訪れる「3千万人ステイ構想」の実現に取り組む。
15)ビザの免除、キャンペーンの実施などによる東アジアとの人的交流の促進
16)東アジアのエネルギー・センター
沖縄の既存の原油備蓄能力を活かす
17)全県自由貿易地域構想
香港、上海、台湾、釜山などの東アジア各地との経済交流拠点とする。
21)地域通貨の発行
25)本土との間に時差を設定
26)語学教育
中国語などの学習を含め、沖縄の「マルチバイリンガル化」を促進する。
1国2制度とかビザ免除とかなんだか色々問題をはらみそうなことがさらっと書かれています。
まあ、問題のありそうな部分をピックアップしてあるんですがこれは1度目を通しておいた方が良いかもしれませんね。

とまあ最近気になったことをずらずら書いてみました。またこんな感じで書いてみるのも良いかもしれません。

| top |