2005年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

中韓の歴史教科書を外務省研究へ 日本関連の記述

asahi.comより引用です。

外務省は26日、中国や韓国など約20カ国の中学校用歴史教科書の日本関連部分を分析する方針を固めた。また、日本の教科書の実態を伝えるため、中国語と韓国語に翻訳し、外務省や両国にある日本大使館のホームページに掲載する方針だ。
中国と韓国の歴史教科書については、近現代史のうち日本関連の記述を詳しく分析する。東南アジア諸国、米、英、オーストラリアなどの教科書についても、第2次世界大戦直前や大戦中の日本に関する記述を調べる。すでに対象国の在外公館に調査を依頼した。
分析結果の公表・活用方法は未定だが、町村外相は、中国での反日デモの背景に愛国教育があると指摘されていることなどを踏まえ、問題点を中国政府に伝える意向を明らかにしている。
一方、日本の教科書を翻訳するのは、中国や韓国で起きている批判は誤解に基づくものが多く、教科書の内容を正しく伝える必要があるとの認識からだ。日本の教科書検定制度についても、中国語と韓国語でホームページに掲載する。
これは個人的には非常に良い取り組みなんではないかと思います。
韓国や中国から日本の歴史教科書なんかの記述について微に入り細に入り注文をつけてきます。これはある意味日本の歴史教科書を研究している成果なんだとも言えるでしょう。ただそれに対する解釈はちょっと首をかしげるものもありますが。
それに比べて日本はと言うとあまりに他国、それもアジアの近隣諸国のそう言った部分に無関心すぎたんではないでしょうか?
自国の歴史に注文をつけられるのならその注文をつけてきた国の歴史認識はどうなのかと。至極まっとうな発想だと思います。
私も詳しく調べたわけではありませんが、中国や韓国の歴史教科書の中の日本の記述にはかなり首をかしげる記述もあると聞きます。だいたいにおいて現状の日本の世界的な役割や国内情勢というものを中国の人たちはわかっているとは思えませんが。
今後のこの動きに注目していきたいと思います。

ここまで来て・・・。

事故から二日たちました。asahi.comから引用させてもらいます。

兵庫県尼崎市のJR宝塚線(福知山線)で25日に起きた快速電車の脱線事故で、県警と尼崎市消防局は27日午後3時現在で、92人の死者を確認した。内訳は男性51人、女性41人。マンションに激突した2両目付近を中心に捜索が続けられており、1階駐車場にめり込んだ1両目にはなお、少なくとも約20人が閉じこめられているとみられる。死者は100人を超す可能性も出てきた。
県警などは、27日午後にマンション1階部分に突っ込んだ1、2両目をふさぐ形になっていた3両目をクレーンなどで撤去・解体。その後、1、2両目を人命探索装置ク高校で21日午後3時(日本時間22日午前6時)ごろ、同校の男子生徒が銃を乱射、生徒ら7人が死亡、十数人が負傷した。犯人も銃弾により死亡した。
この事件に先立ち、居留地内の住宅で犯人の祖父母が射殺されているのも見つかった。
犯人は2丁の短銃と散弾銃を持って学校に乱入。守衛や教師、生徒らを次々と射殺していった。目撃者によると、犯人は生徒に狙いをつけ、笑みを浮かべ手を振り、銃を撃っていたという。
いつも思うのはこういう事件が起こってもなおアメリカでは銃器の取り締まりを厳しくしようという動きがなぜ大きな動きとして起こらないのかと言うことです。
一番の癌は全米ライフル協会という圧力団体なんだと思いますが、しかしながら市民レベルでもっと大きな運動になってもいいと思うんですが・・・。
アメリカ合衆国憲法修正第2条に定められた「銃を所持する権利」と言うのがあってそれを盾に取ってるらしいのですが。
自分たちの子供のことを考えたらどちらがいいのか一目瞭然だと思うんですが・・・。

| top |