< 2004年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >

靖国参拝。

昨日は終戦記念日でした。韓国では光復節という解放記念日です。
この時期になるといつも議論に上ってくるのが首相の靖国参拝の問題です。
私は基本的には靖国神社への参拝は反対です。なぜなら靖国神社というのは日本帝国時代の天皇制イデオロギーの核を担っていた物の一つだからです。戦争を反省し新たな国造りからスタートした戦後日本として靖国神社というのは政治的には意味を持ってはならないものだと思っていたからです。
今でも日本の国政を担うにと達が靖国を参拝する事には反対です。裁判所でも政教分離の観点から違憲性が強いと言われているくらいですから当然の事だと思います。
では、靖国参拝という事自体に関してはどうか?というと私自身は最近少し考え方が変わってきているかもしれません。
以前にも何度か出てきていますが、小林よしのりと言う漫画家が描いている「ゴーマニズム宣言」という漫画で日本の戦後に作られてきた戦争認識についての批判的な作品があります。
それを読んでみるとなるほどと思わせる物があります。
第二次大戦における日本の侵略性や残虐性といった物に関してはいまだ色々意見の分かれるところではありますが、戦争に参加した日本の兵士達の多くは純粋に国を守るため家族を守るために戦地に行った人たちです。もちろん戦時中の思想統制や軍国主義教育のため今の私たちから見るとその思想や価値観に大きな違いはあると思いますが、基本的にはそのような守るべき物を守る戦いに赴いた人たちであったと思います。
そのような人たちはその子孫たる今の日本国民にとって敬うべき価値のある人たちではないでしょうか?そのような人たちのために靖国に参拝する。これ自体は人としてごくごく当たり前の事なのではないでしょうか?そしてそのような人たちの魂を敬い供養する事で逆に戦争に対する反省と反戦への思いが強くなるんではないでしょうか?
最近このような思いを持つようになってきました。
しかしながら、靖国神社という戦時中のイデオロギーを表す物に対する諸外国の嫌悪もくみ取れるのも確かです。であるからこそ国政に携わる人たちには靖国への参拝を遠慮してもらいたいとは思います。
また、先ほどのように戦没者への真の哀悼を捧げるためであれば靖国でなくても良いはずです。
宗教色のない新たな戦没者追悼施設を建立すれば良いんではないでしょうか?
おそらく今年も小泉首相は靖国を参拝するでしょう。しかし彼は靖国にこだわるほどに真に戦没者への哀悼の意を持っているとは思えません。もし持っているのだとしたらイラク問題などもっと違った道をとっていたのではないかと思うからです。

Trackbacks

buy tramadol | tramadol | 2007/8/8 18:44

Tramadol

Comments

Comment Form

yesno
< 続・プロ野球を想う・・・。 | top |