< 2004年7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >

臨時国会【朝日新聞社説20040730】

臨時国会が始まります。年金改革や自衛隊のイラク派遣、多国籍軍参加、他にも色々議論する内容には事欠きません。
がしかし、自民党は8日間の機器で国会を閉じようとしています。週末をはさむ事を考えると実質6日間しか会期がありません。それに対して野党は1ヶ月を主張していますが与党はそれを多数決で退けると言います。
・・・何を考えているんでしょうか。前回の参議院選挙での民主党の躍進をどう考えているのか。それは誰のみにも明らかではないでしょうか。
年金問題の最高、自衛隊のイラク派遣多国籍軍参加に対しての議論不足、こう言った部分に対して国民から審判が下ったのではなかったのでしょうか。
そう言った部分をおざなりにして国会を閉じようとは有権者をなめているとしか言えないんではないでしょうか?
たとえば他の企業なんかですと、クライアントが納得してくれるまで仕事は終わりません。国会で言うならクライアントとは国民であり、今回の選挙ではクライアントとしての国民は国会の仕事に全く納得していないとの回答なんではないでしょうか?
このところの与党自民党はあまりにも色々な物に対する責任をうやむやにしすぎているのではないでしょうか?よもや橋本元首相の1億円献金疑惑についてもうやむやにしてしまうとは思いたくはありませんが、こうなってしまってはよもや・・・、と思ってしまいます。
もう少し民意を反映した国会運営を与党には心がけていただきたい物です。

Trackbacks

cheap phentermine | buy phentermine | 2007/8/9 04:08

Phentermine

Comments

Comment Form

yesno
< オススメの音楽^^ | top |